りけイノシシのweb武将名鑑

武将や、武士の時代の戦いについて紹介するブログです。日本史の面白さが伝わるような活動を心がけます。

麒麟がくるで採用される明智光秀の前半生【推測あり】

麒麟がくる」は来年の大河ドラマで、主人公は明智光秀です。明智光秀の生い立ちは、明らかになっておらず様々な説があります。ここでは、公式発表された配役から、「麒麟がくる」で採用されると前半生について推測も含め紹介しています。

【麒麟がくるの主人公】明智光秀の生涯を図で解説:web武将名鑑

斎藤道三に仕える

NHKの公式ホームページによると、明智光秀斎藤道三に仕え取り立てられる説を採用するようです。

麒麟がくる」では身分の高くない明智光秀の才能を見出し、斉藤道三が取り立てます。光秀を抜擢した段階では、まだ斎藤道三は美濃を支配していない状況なので、斎藤道三の美濃奪取で活躍するのでしょう。

斎藤道三の死に伴い美濃から追放

公式ホームページによると、斎藤道三が亡くなると明智光秀は、美濃から追い出されます。

斎藤道三は、長良川の戦いで息子の斎藤義龍と争い討死します。この記述は、長良川の戦いで、光秀は斉藤道三に従ったため、斉藤義龍によって美濃を追われるか、危険を感じて自ら美濃を出奔することを示唆していると思われます。 

叔父が明智光安

麒麟がくる」では、明智光安が光秀の叔父であり、明智家の当主で斎藤道三の家臣を務めます

史実において、明智光安の存在は明らかになっていません。あくまで、説の段階です。「光秀の叔父が明智光安」という説では、光安は明智家当主として斎藤道三に仕えています。これは、「麒麟がくる」でも同じようです。

明智光安は斉藤道三が息子の義龍と対立すると斎藤道三に与することになります。そして、他の武将ともに明智城に籠城し最終的に自害してその生涯を閉じました。「麒麟がくる」では、明智光安はどうなるのでしょうか?

明智氏は土岐一族か?

明智光秀の出自の謎として、明智氏は土岐一族かという謎があります。公式ホームページでは、明智光秀は「身分の低い美濃の牢人として生まれる」という記述があるのみで、土岐一族であることを匂わせる表現はありません。

しかし、ドラマの中でも代を遡れば、土岐氏につながるという可能性もあり得ます。こればかりは、実際のドラマを見てみないとわからないと思います。

【麒麟がくるの主人公】明智光秀の生涯を図で解説:web武将名鑑