りけイノシシのweb武将名鑑

武将や、武士の時代の戦いについて紹介するブログです。日本史の面白さが伝わるような活動を心がけます。

比叡山延暦寺焼討事件:戦いで読み解く戦国史

比叡山延暦寺焼討ち事件は、織田信長による悪行として名高い事件です。ここでは、何故織田信長比叡山延暦寺を焼討ちにしたのかまで含め、経緯を紹介しています。

比叡山延暦寺焼討事件という文字と灰色の背景

比叡山延暦寺焼討ち事件とは?

比叡山延暦寺焼討事件の結果と起きた場所を示す図

1571年9月12日、織田信長比叡山延暦寺に火を放ち、老若男女を撫で斬りにしました。織田信長といえば、仏教嫌いのイメージがありますが誤ったイメージです。織田信長は敵対しない寺社に対しては、保護を行なっています。比叡山延暦寺が攻められたのは、前年織田信長に対し敵対姿勢を示したからでした。

比叡山延暦寺焼討ち事件前後のまとめ

以前:延暦寺は志賀の陣で織田信長な敵対

以後:明智光秀延暦寺一帯を統治

延暦寺焼討ち事件以前の情勢

志賀の陣の結果と明智光秀が与えられた城の位置を示す図

1570年9月、浅井長政朝倉義景が、織田信長が摂津で三好三人衆との戦いで京を留守にしている隙を突いて、近江を南下。比叡山延暦寺は、浅井長政朝倉義景に味方し、織田信長が進軍してくると浅井・朝倉軍を山中に匿います。

織田信長は着陣すると、改めて比叡山延暦寺に味方するか、それができないならせめて中立を保つことを要求。しかし、比叡山延暦寺はこれに回答せず敵対姿勢を取ったのです。

この一連の争いは、和睦という形で引き分けに終わります。しかし、織田信長比叡山延暦寺への怒りを忘れることはありませんでした。織田信長は、明智光秀に宇佐山城を守らせ、一帯の国人(地域の有力武士)を味方に取り込ませます。比叡山延暦寺を攻めるための、準備を密かに進めたのです。

延暦寺焼討ち事件

織田信長比叡山延暦寺を攻めた時の経過を示す図

志賀の陣から約1年後の1571年9月12日、織田信長は周到に準備を整え、比叡山延暦寺焼討ちを実行。織田軍は比叡山を包囲しました。織田信長は全軍に命じて、根本中堂、日吉大社をはじめとした建物、経典など、比叡山延暦寺に関わるすべてを焼き払ったのです。

比叡山の老若男女は右往左往し、身一つで八王子山に避難。しかし、織田信長はそこにも攻め込み男女、子供、老人を問わず全員の首を刎ねさせました。これにより、比叡山延暦寺は灰燼と帰し、数千人が亡くなったと言われています。

延暦寺焼討ち事件以後の情勢

志賀郡の場所を示す図

織田信長比叡山延暦寺がある志賀郡は、明智光秀に与えました。これ以前に、明智光秀足利義昭の家臣を辞して、織田信長の家臣になっていたのです。

織田信長の存命時に、比叡山延暦寺比叡山延暦寺が復興されることはありませんでした。豊臣秀吉の世になってからも、しばらく復興は許されませんでしたが、織田信長による焼討から13年後、豊臣秀吉の許しを得て復興されます。