りけイノシシのweb武将名鑑

武将や、武士の時代の戦いについて紹介するブログです。日本史の面白さが伝わるような活動を心がけます。

浮野の戦い:戦いで読み解く戦国史

浮野の戦いは、織田信長が岩倉城の織田伊勢守家を滅ぼすきっかけとなった戦いです。ここでは、浮野の戦いとその前後の情勢の変化についいて紹介しています。

浮きのの戦いという文字と灰色の背景

浮野の戦いとは?

浮野の戦いの勝敗と起きた場所を示す図

織田信長が、従兄弟で犬山城主の織田信清と手を組み織田伊勢守家と戦い勝利した戦いです。

織田伊勢守家は岩倉城を居城としたことから、岩倉織田家とも言われます。ここでは、岩倉織田家で統一して進めることにします。当時の岩倉織田家の当主は、織田信賢です。

浮野の戦い前後のまとめ

以前:岩倉織田家斎藤義龍と組み織田信長に敵対

以後:織田信長は岩倉織田家を滅ぼし尾張統一

浮野の戦い以前の状況

尾張の支配体制と同盟関係を示す図

岩倉織田家は、織田信長が滅ぼした清洲城を本拠とした、織田大和守家とともに尾張(愛知県西部)の守護代を務めた家柄です。つまり、尾張では2番目に偉い家柄。

一方で、織田信長は織田弾正忠家の出身で、織田大和守家の家臣にあたります。つまり、岩倉織田家から見て、織田信長は同格に近い家柄に仕えた家臣。

家柄では岩倉織田家に劣りますが、織田信長は当時、主君筋の清洲の織田大和守家を滅ぼし、実弟の信勝との戦いにも勝利。尾張の有力者の立場を盤石なものに。岩倉織田家も飛ぶ鳥落とす勢いの織田信長を警戒していたでしょう。

このような中で企み巡らす者がいました。美濃の当主で織田信長と敵対していた斎藤義龍です。岩倉織田家斎藤義龍はと組み織田信長に抵抗。

それに対し、織田信長は従兄弟で犬山城主の織田信清と手を結び対抗します。岩倉織田家は、浮野の戦い以前に複数回敵対行動に出ていました。

浮野の戦い

浮野の戦いにおける各軍の動きを示す図

岩倉織田家の敵対行動により、岩倉城の攻略を決意した織田信長は清州城から出陣。そして、岩倉城に近い浮野に布陣。2000の兵を率いていたと伝わっています。また、犬山城主の織田信清も1000の兵を率いて、浮野に布陣。

一方で、岩倉勢は3000の兵を率いて城から打って出ました。織田信長が陣を敷く浮野へと向かいました。

両軍は浮野にて一進一退の攻防を繰り広げます。結局、織田信長の配下の森可成らの活躍により、岩倉勢は岩倉城に退却。織田信長・信清連合軍は岩倉勢を追って、岩倉城を包囲し勝鬨を上げて退却。

織田信清の軍を岩倉織田家の軍が追撃する様子を示す図

しかし、ここで岩倉勢が撤退の隙を突き、数の少ない織田信清の軍を追撃。岩倉勢の猛烈な追撃に、織田信清の軍勢は絶体絶命のピンチに。

織田信長と織田信清の軍が岩倉織田家の軍を挟撃するの示す図

ところが、岩倉勢による追撃を知った織田信長が軍を引き返してきます。織田信清を追い込んでいた岩倉勢は、逆に織田信長・信清軍に挟撃されることに。この挟撃で、岩倉勢は大打撃を受け大敗。織田信長・信清の勝利に終わります。

浮野の戦い以後の情勢

浮野の戦いに勝利した織田信長は岩倉城を包囲。翌年に岩倉城は落城し、岩倉織田家の当主織田信賢は自刃。岩倉織田家は滅亡します。

一方で、岩倉織田家との争いで織田信長に協力した織田信清ですが、岩倉織田家が治めた土地を巡って争いになります。